モチベーション

内定者を逃さないため、あるいは内定者に気持ちよく自社で働いてもらうために、入社前の内定者フォローは大切です。具体的には、「どう働けばいいのか」が分かる研修を行うといいでしょう。

Read More

必要性

仕事においては、様々な人と接しなければならず、また様々なトラブルが考えられます。そういった事態を避けるためにも、管理職研修を行って体制をしっかり整えることが大切です。

Read More

営業を育てること

商品を売り込み、顧客に対する会社の顔となる営業を育成することはとても大切です。まずは余計なプレッシャーを与えず、できることを少しずつ増やしていく感じで研修を行いましょう。

Read More

スキル向上

企業の従業員のスキルを向上させるため、社員研修はとても大切です。先輩社員が後輩を研修するOJTや、セミナーなどの外部で受ける研修があり、研修をしっかり行うことで会社の地力をつけることができます。

Read More

内定辞退防止

24時間対応してくれるから夜間勤務の方も安心して子供を預けて働くことが出来ます。企業内保育に求められているサービスをチェック。

内定者の気持ちを考えた内定後の対応

企業は内定者に対してどのように内定者フォローを行えばよいか。普通の学生であれば、就職活動で何とか内定を手に入れ、一安心となって落ち着きますが、一部の優秀な学生は一極集中の売り手市場になっています。そこで企業は優秀な内定者に対して「内定者フォロー」を工夫しています。学生は内定後に「本当にこの会社でよかったのか」「ほかの会社から内定がもらえないか」等心が揺れ動きます。優秀な学生には内定後も企業からのオファーが続きます。「内定辞退者を出させない」内定者を出すためには時間と手間がかかっています。特に早期に内定を受けた学生は一年近く期間が空くため、不安が増していきます。優秀な学生の内定辞退を出させないためにも、内定者フォローは重要です。内定辞退防止以外にも、いろいろ意味がありますがそちらは次に説明します。

最近の学生に対する内定後のアクション

内定を出した後の学生に対しての内定者フォローは、会社によって様々な取り組みが行われています。もちろん目的は「内定辞退防止」ですが、他にも目的はあります。そこでいまどきのアクションとその効果について説明します。「内定同意書」まずは内定を電話と書面にて伝えます。そして書面にて内定に同意し、辞退しないことを誓約させます。「内定者との懇親会」名目は何でもよいので、内定者とできれば面接のメンバーを皆集めて、一緒に頑張ろうという気持ちを伝えてください。また、同期との仲間意識が芽生えます。「入社前研修」社内研修、社外研修どちらでもよいですが、意識を高めることと、会社に対する感謝の気持ちが芽生えます。「社内報」入社前に社内報等の情報を定期的に送ることによって、不安を減らすことができます。学生の不安に思うことを考え、それを少しでも減らしてあげることが大切です。定期的に連絡し、不安がないか直接聞いてみることも大切です。

社員旅行の幹事に選ばれたら、どの旅行プランにするかを決めなければいけません。こちらのサイトを活用すると良いでしょう。

店舗とコミュニケーションをとる方法として役立つのがラウンダーです。こちらに依頼すれば、コミュニケーションを簡単に増やすことができます。