モチベーション

企業、内定者とも気になる

企業にとって入社前の内定者フォローは大きな課題です。特に新卒内定者については初めて社会人になるに当たって社会人としての行動、思考などを入社前に如何に教育するかはそれぞれの企業にとって大きな問題であり、一方で内定者を辞退しないようにつなぎとめることもまた課題です。内定者としても、企業がいかに内定者フォローをしてくれるのかが気になる点です。そこで、企業側は事前に会社見学会や事前課題を出すことで内定者フォローをしようとするのですが、事前課題は量や質を誤ると、逆に内定者の企業に対するロイヤルティを低下させる結果となりかねません。内定者のレベルや、あくまでも入社前であり、必要以上に拘束できる立場でないことを企業側もしっかり理解する必要があります。

内定者に働くイメージを持たせる研修

それでは、どのような内定者フォローが必要となるのでしょうか。最も良いのは、内定者に対し企業で仕事を行う上で必要となる知識を事前に共有し、その知識や能力を内定者が早期に取得できるようにフォローする事です。例えばIT関係の会社であれば、初級レベルの資格取得を推奨し、それを会社として支援する立場を示すことです。特別な資格がない場合も、企業ホームページやメールなどを通じ、その企業で働くイメージを内定者に持たせることです。中には、精神鍛錬などとして業務と無関係な施設等で精神論を説くような研修もありますが、現在のゆとり世代、さとり世代の内定者は、そのような研修には意義を見いだせないとついてきません。企業としても、折角費用を使って教育を行うのですから、企業、内定者共に意義のある研修を行いたいものです。