必要性

管理職研修の必要性

社会人になると様々な人と出会いますし、仕事上で接しなければいけない人も出てくるのです。 取引先であったりすると、避けるわけにはいかなくなってしまうので、どういう対応をしたらいいのか分からなくなってしまうことがあります。 そのようなトラブルを招きそうな人材の中には管理職の人も多いです。 ビジネスマナーをしっかり学ぶこともなく入社をしてしまった、ということもあり、これは時代の流れでもあります。 トラブルを招くような人材を排除するためには、定期的な管理職研修が必要となります。 管理職研修は管理職に必要なノウハウであったり、法律について学ぶ機会でもあります。 管理職研修を行っておけば、ハラスメント問題も激減しますし、法令順守も可能なります。 だからこそ管理職研修の必要性が叫ばれているのです。

管理職研修で経営感覚を身に着けさせる工夫

管理職研修はいろいろな目的を持って行われますが、研修によって経営感覚を磨いてもらうというのが管理職研修の主な目的の一つです。経営というのは座学で講義を受けることによって身に着けることができる部分と実践で磨いていく部分があります。 管理職研修を座学形式ですべてやってしまうと、実践で磨くという部分が実現できないことになります。そのため、実践に近い形を管理職研修の中で実現していくには工夫が必要です。 その方法の一つとして、実際の経営危機事例を取り上げて、グループ内で役割分担をして実際に経営判断をするというケーススタディをする方法があります。この方法は、その実際の事例がどういう結果になったかわかるという点と、自分達で経営をする体験ができるという点でメリットがあると言われています。